月と東京タワー

【WordPress】スマホとPCでウィジェットの表示を変えるプラグインWidget Logic

      2016/03/08

スマホとPCでウィジェットの表示を変えてくれる簡単プラグインWidget Logicです。

表示するものを変えたい場合のほかに、同じものを表示はするけれども表示位置を変えたいときなどにも重宝します。

また、スマホorPCだけでなく、「トップページにだけ表示」や「個別記事のページにだけ表示」あるいはその逆なども簡単に指定できます。

インストールして有効化

WidgetLogicInstall

ここは、いつも通りの手順です。
インストールしたら有効化してください。

有効化した状態でウィジェットを開くと、下に「Widget Logic」と言う小さい窓が出現しています。

WidgetLogic検索の小窓

 

条件分岐

この下の小窓に条件分岐のコードを書きます。

ここでは例として「検索」のウィジェットを、スマホ非表示の場合と、スマホだけ表示の場合をやってみます。

スマホには表示しない場合

「Widget Logic」欄に「!wp_is_mobile()」と記載して、右下「保存」をクリックして下さい。

スマホには表示しない

スマホにだけ表示する場合

「Widget Logic」欄に「wp_is_mobile()」と記載して、右下「保存」をクリックして下さい。

スマホだけ表示する

これだけです。

他の分岐条件

上では、スマホとPCで表示を分けたい時の方法を説明しましたが、他の分岐条件を入れる場合も書き方の要領はすべて同じです。

たとえば個別記事のページのサイドバーにだけ最近の投稿を表示したい場合も、このWidget Logicを使えばウィジェットだけで指定できます。

例)個別ページにだけ最近の投稿を表示

表示に使うプラグインは、RecentPost with Thumbnailsなど、好きなものを選んでください。コードの書き方は同じです。

「Widget Logic」欄は「is_single()」と記載します。
記載後「保存」を押して、表示を確かめてみてください。

NewEntry_記事ページだけ

例)トップページ以外にだけ最近の投稿を表示

=「トップページには最近の投稿を表示しない」ということになるので、
「Widget Logic」欄は「!is_home()」と記載します。

先頭「!」の有無で分岐します。
記載後「保存」を押してください。

トップページには表示しない

以上が、「テーマの編集」を使わずにウィジェットの表示に条件を付け加える、ごく簡易的な方法です。

スポンサーリンク


 - WordPress