月と東京タワー

【PiktoChart】アカウントの作り方

      2016/03/28

インフォグラフィックなるものを使いこなしたい!
達人級まではたぶん無理だけど(諦め早すぎ)、とにかくやってみることに。

インフォグラフィック作成ツールはオンラインのものやダウンロード型のもの、無料有料たくさんありますが、なにせ初めてやることで「右も左も…」な状態です。

そんなダメ初心者だからこそ失敗談も合わせてお伝えしたらお役にたつこともあるのかな?と思って、インフォグラフィック関係の作業をしたら都度書いていこうと思います。
(そう言ってすぐに飽きてやめるかもしれません←ダメすぎ)

Piktochart

まず使ってみたのがPiktochartです。
理由=簡単そうだったので。

インフォグラフィックが自由自在!

Piktochartに行って見ると分かるとおりです。

用意されたテンプレートから好きなものを選んで作るもよし、手元のデータをインポートして視覚的に分かりやすいグラフやマップに仕上げるもよしです。
(csv、xls、xlsxがインポート出来ます。googleスプレッドシートとの連携も可)

無料テンプレートの一部を

こんな感じです。有料プランならもっと凝ったものがたくさん使えますが、やりたいことによっては、無料でも充分かと思います。

Piktochartにアカウントを作る

まずはアカウントを作ります。実に簡単です。

Piktochartのホーム へ行きます。

Start For Free をクリック

画面左下「Start For Free」をクリックすると、このページ↓が表示されるので、FacebookG+のアカウントでサインアップしたい場合は、ここでどちらかを選択します。

メールアドレスでサインアップする場合は、その下へ

まず1の3つの欄を埋めます。そのままです。
Username ニックネームでOK
Email メールアドレス
Password 任意のパスワード

2の「Subscribe to newsletter」もお好みで。
Piktochartからのニューズレターを受け取りたくない時はチェックをはずしてください。

3「CREATE MY ACCOUNT」をクリック

これでお終い、メール認証等もなしです。

ログインするとこんなページへ

すぐにインフォグラフィックを作成できるようになっています。

この後、ごく簡単なグラフを作ってみます。
アカウントの作成手順は以上です。

簡単なグラフの作り方と共有、公開についてはこちらに
Piktochartの使い方 ドーナツグラフを作ってみる
Piktochartの使い方 インフォグラフィックのダウンロード・公開・共有

スポンサーリンク


 - Infographics