月と東京タワー

【大統領選】民主vs.共和’08年’12年州別得票率とその後の支持率変化

   

2008年と2012年の本選挙の州別得票率

アメリカ大統領選、前々回2008年と前回2012年の本選挙での民主共和両党の各州得票率です。

州の名前を日本語カタカナ表記での五十音順に並べています。

各州上段が2008年オバマ/マケイン、下段が2012年オバマ/ロムニーです。

民主(%) 共和(%) その他(%)
アーカンソー
2008 39 59 2
2012 37 61 2
アイオワ
2008 54 44 2
2012 52 46 2
アイダホ
2008 36 62 2
2012 32 64 4
アラスカ
2008 38 59 3
2012 41 55 4
アラバマ
2008 39 60 1
2012 38 61 1
アリゾナ
2008 45 54 1
2012 44 53 3
イリノイ
2008 62 37 1
2012 57 41 2
インディアナ
2008 50 49 1
2012 44 54 2
ウィスコンシン
2008 56 42 2
2012 53 46 1
ウェストバージニア
2008 43 56 1
2012 35 62 3
オクラホマ
2008 34 66 0
2012 33 67 0
オハイオ
2008 52 47 1
2012 51 48 1
オレゴン
2008 57 40 3
2012 54 42 4
カリフォルニア
2008 61 37 2
2012 60 37 3
カンザス
2008 42 57 1
2012 38 60 2
ケンタッキー
2008 41 57 2
2012 38 60 2
コネチカット
2008 61 38 1
2012 58 41 1
コロラド
2008 54 45 1
2012 51 46 3
サウスカロライナ
2008 45 54 1
2012 44 55 1
サウスダコタ
2008 45 53 2
2012 40 58 2
ジョージア
2008 47 52 1
2012 45 53 2
テキサス
2008 44 56 0
2012 41 57 2
テネシー
2008 42 57 1
2012 39 59 2
デラウェア
2008 62 37 1
2012 59 40 1
ニュージャージー
2008 57 42 1
2012 58 41 1
ニューハンプシャー
2008 54 45 1
2012 52 46 2
ニューメキシコ
2008 57 42 1
2012 53 43 4
ニューヨーク
2008 63 36 1
2012 63 35 2
ネバダ
2008 55 43 2
2012 52 46 2
ネブラスカ
2008 42 57 1
2012 38 60 2
ノースカロライナ
2008 50 49 1
2012 48 50 2
ノースダコタ
2008 45 53 2
2012 39 58 3
バージニア
2008 53 46 1
2012 51 47 2
バーモント
2008 68 30 2
2012 67 31 2
ハワイ
2008 72 27 1
2012 71 28 1
フロリダ
2008 51 48 1
2012 50 49 1
ペンシルベニア
2008 54 44 2
2012 52 47 1
マサチューセッツ
2008 62 36 2
2012 61 38 1
ミシガン
2008 57 41 2
2012 54 45 1
ミシシッピ
2008 43 56 1
2012 44 55 1
ミズーリ
2008 49 49 2
2012 44 54 2
ミネソタ
2008 54 44 2
2012 53 45 2
メイン
2008 58 40 2
2012 56 41 3
メリーランド
2008 62 37 1
2012 62 36 2
モンタナ
2008 47 50 3
2012 42 55 3
ユタ
2008 34 63 3
2012 25 73 2
ルイジアナ
2008 40 59 1
2012 41 58 1
ロードアイランド
2008 63 35 2
2012 63 35 2
ワイオミング
2008 32 64 4
2012 28 69 3
ワシントン
2008 58 41 1
2012 56 41 3
ワシントンD.C.
2008 93 7 0
2012 91 7 2
民主(%) 共和(%) その他(%)
2008年民主党から2012年共和党に変わった州
インディアナ、ノースカロライナ
2008年共和党から2012年民主党に変わった州
なし

2012年以降、状況は変化したのか

支持者の多い州の数で共和党が民主党を逆転

GALLUP

GALLUPは、オンラインや電話による世論調査を実施、集計、公開するサイトです。政治経済を中心にその時持ち上がっている問題を取り扱っていて、世界各国のトピックがありますが、米国の話題が大半を占めます。

そのGALLUPの支持政党に関する調査結果です。

赤い州が青い州を上回る(調査開始以来初)

Red States Outnumber Blue for First Time in Gallup Tracking

20 states solidly or leaning Republican, 14 solidly or leaning Democratic

Red States Outnumber Blue for First Time in Gallup Tracking
GALLUP

”共和党を支持あるいはどちらかというと支持する州は20、対する民主党は14”と、あります。具体的な数値は記事中のテーブルにある通りです。これをグラフにしました。

A.民主党支持州は、固定的に民主党を支持する州B.民主党優勢州は、どちらかと言えば民主党を支持するという人の多い州です。支持マインドの強さは、支持州>優勢州になります。C.二党競合州は、どちらとも言えない州です。

民主党共和党支持州の数と推移1

これを、A+B(民主支持+どちらかと言えば民主支持)と、D+E(共和支持+どちらかと言えば共和支持)に分けたグラフが下図です。

民主党共和党支持州の数と推移2

2015年、共和党支持単独でも、共和党支持+どちらかと言えば共和党支持の合計でも、共和党が民主党を上回りました。

2008年からの調査では、民主党の人気は最初が一番高く、オバマの寄り天と言ったところです。上のグラフを見ると2010年頃まで中間の二党競合州(グラフでは紫)が増加して、その後共和党に少しずつ支持が流れ込んで行ったように見えます。
データテーブルを置いておきます。

A.民主党支持州 B.民主党優勢州 C.二党競合州 D.共和党優勢州 E.共和党支持州 民主党(A+B) 共和党(D+E)
2008年 29 6 10 1 4 35 5
2009年 23 10 12 1 4 33 5
2010年 13 9 18 5 5 22 10
2011年 11 7 15 7 10 18 17
2012年 13 6 19 3 9 19 12
2013年 12 5 19 2 12 17 14
2014年 11 6 18 5 10 17 15
2015年 11 3 16 8 12 14 20

※記事には「Importantly」として

In 2015 Gallup Daily tracking data, 43% of all U.S. adults identified as Democrats or leaned Democratic, compared with 40% identifying as Republican or leaning Republican.

Red States Outnumber Blue for First Time in Gallup Tracking
GALLUP

と、注意書きされています。

(訳)2015年の現在も成人のうち43%が、民主党支持あるいはどちらかと言えば民主党支持に属している一方、共和党のそれは40%である。

スイング・ステーツと呼ばれるどちらとも言えない中間の州があるため、支持者の多い州の数だけで大統領選有利と判断することは出来ず、依然として合衆国全体での支持者の人数で民主党が共和党に勝っている事実は重大であるとの見解です。

民主共和両党支持州の内訳

同じページの下のほうにあります。
2015年の調査結果です。赤いほど共和党支持、青いほど民主党支持です。

調査の始まった2008年から2015年までの間に両党が失った州と得た州は、以下にある通りですが…

The Democrats lost three states — Maine, Pennsylvania and Michigan — each of which moved from Democratic-leaning to competitive. Meanwhile, Republicans gained five states — New Hampshire, West Virginia, Missouri, South Carolina and Texas — all moving from competitive to leaning or solidly Republican. Additionally, Alaska and Oklahoma shifted from leaning Republican to being solidly Republican, and Delaware from being solidly Democratic to leaning Democratic.

(中略)

Nebraska remains in the Republican column, shifting from solidly Republican to leaning Republican. New Mexico moved from a leaning Democratic state to a solid one.

Red States Outnumber Blue for First Time in Gallup Tracking
GALLUP

ややこしいので上記の説明文をいきなり一覧にしました。

共和党方向に変化した州
「民主党支持」から「どちらかと言えば民主党支持」に変わった州
デラウェア
「どちらかと言えば民主党支持」から「二党競合」に変わった州
メイン、ペンシルベニア、ミシガン
「二党競合」から「どちらかと言えば共和党支持」に変わった州
ニューハンプシャー、ウェストバージニア、ミズーリ、サウスカロライナ、テキサス
「どちらかと言えば共和党支持」から「共和党支持」に変わった州
アラスカ、オクラホマ
民主党方向へ変化した州
「共和党支持」から「どちらかと言えば共和党支持」に変わった州
ネブラスカ
「どちらかと言えば民主党支持」から「民主党支持」に変わった州
ニューメキシコ

赤い州、青い州とスイング・ステーツ

記事には、2015年の調査結果による共和、民主各党支持者の多い州のランキングも出ています。これは「政党Aの支持者の割合-政党Bの支持者の割合」が大きいほど政党Aが強い州として、それぞれの州の支持傾向を数値化したもので、そのまま赤い州青い州の代表州と言っていいかと思います。

民主党支持者の多い州 (青い州)
(民主党支持者のパーセンテージから共和党支持者のパーセンテージを引いたポイント)
バーモント 21.7
ハワイ 20.8
ロードアイランド 19.4
マサチューセッツ 18.6
ニューヨーク 18.4
カリフォルニア 15.5
メリーランド 15
ニューメキシコ 11.6
イリノイ 10.8
コネチカット 10.5
共和党支持者の多い州 (赤い州)
(共和党支持者のパーセンテージから民主党支持者のパーセンテージを引いたポイント)
ワイオミング 31.8
アイダホ 30
ユタ 29.9
ノースダコタ 20.8
アラバマ 17.3
アラスカ 17.2
サウスダコタ 15.8
モンタナ 14.4
オクラホマ 13.4
カンザス 13.1

また、民主共和の支持者のパーセンテージの差が1ポイント以下の州が5つあります。
これらの州は、スイング・ステーツとして本選まで注目を集めるものと思われます。

両党支持者の数が拮抗している州 (スイング・ステーツ)
(両党支持者のパーセンテージの差が1ポイント以下)
オハイオ、ノースカロライナ、ミネソタ、ウィスコンシン、フロリダ

 

本選挙の一般投票は11月8日です。
予備選終了後の日程はこちらに
大統領選挙 予備選終了から本選までのスケジュール

 

スポンサーリンク


 - アメリカ大統領選挙