月と東京タワー

トランプかヒラリーか 大統領選州別予想シミュレーター作りました

   

アメリカ大統領選、本選挙の一般投票は11月8日です。
その後12月に選挙人投票が行われ、すべての州を合わせて過半数の270票を獲得した候補が、第45代アメリカ大統領に決まります。

本選挙は、この選挙人を奪い合う戦いなのですが、大部分の州(ネブラスカ、メイン以外)で選挙人は勝者総取り方式が採られています。

本選挙のシステム、選挙人(団)についてはこちらに書きました。
大統領選本選挙 勝者はどう決まる?選挙人団勝者総取りの仕組み

今のところ(これを書いているのは2016年5月16日です)、共和党ドナルド・トランプ、民主党ヒラリー・クリントンのふたりの戦いになるものと思われます。

そこで、各州どちらが勝つのかを予想して、この戦いを制するのは誰なのかを占うツールを作りました。単に州ごとの勝利政党をポチポチ選んで選挙人の票を足していくというだけですが。

2008年、2012年の大統領選での両党得票率と、その後の世論調査による支持率の変化については、こちらに(共和党が上昇しています)
【大統領選】民主vs.共和’08年’12年州別得票率とその後の支持率変化

本選挙のPredictWie予想はこちらに
トランプ vs. ヒラリー 支持率世論調査とPredictWise予想

大統領選本選挙予想計算機

使い方

それぞれの州で勝つと予想する政党をラジオボタンで選択してください。
とは言っても、全部の州をいちいちポチるのはあまりにも面倒なので、デフォルトで前回2012年のオバマ-ロムニー選挙の結果を入れておきました。

2012年とは違う結果になると考える州だけ、ラジオボタンで変更してください。ネブラスカ、メインの2州は、勝者総取りではないので前回と同じ配分を入れてあります。同様に予想する配分をラジオボタンで選んで下さい。

州の並び順ですが、これが…

「前回と違う結果になると思う州だけ変更する」という性質上、スイング・ステーツを出来るだけ近くにまとめて置きたかったので、上のほうが民主党が強いとされる青い州、真ん中あたりにスイング・ステーツ、下に向かうほど共和党が強いとされる赤い州としました。
具体的な順序は、PredictWiseの本選挙予想のページ 2016 President – Winner (Party) にある通りにしました。PredictWiseの予想する民主党勝利確率の高い順に並んでいるものなので、予想が変わればサイト内での掲載順も変わる可能性が高いと思いますが、大体こんな順に並んでいると思って探して頂ければと思います。(Ctrl+Fで検索出来ます)

ではどうぞー

大統領選本選挙予想計算機

当選に必要な選挙人票は270です。

スポンサーリンク


 - アメリカ大統領選挙