月と東京タワー

マスクの衛生的なたたみ方~外出先等でやむを得ず再利用する場合

      2016/04/03

マスクをしての外出先で、食事等のためにマスクをはずすことがあると思います。

はずしたマスクをもう一度使ってもいい?

はすしたマスクは再利用しないのが原則です。

マスクを使用するのは、風邪やインフルエンザが流行している時が多いと思います。
空気中に浮遊するウィルスが喉や鼻に入らないようにマスクをしているわけです。

言い換えると、マスクを使いたくなる時は、空気中に雑菌やウイルスがふんだんに含まれている時です。ウイルスは空気中よりも物に付着している方がずっと多いのですが、空気の乾燥している時期には空気中にも舞い上がっています。マスクの外側には、そういった「マズイもの」がたくさん付着しています。

空気感染はどうして起きるのか。ここを読むと分かります。
飛沫核感染(空気感染、塵埃感染)

はずして手で内側に触れたりしたマスクはもちろんのこと、内側が大いに外気に晒されたマスクももう危険です。

広げたまま机やテーブルの上に置いたりしたら…論外です。捨てましょう。

とにかくウイルスはモノに付着しています。人の手に触れやすい場所は特によくないです。

ウイルスはどんな場所に付着しているか。蛍光塗料を使った実験結果が出ています。
インフル 1人感染で職場全員の手にウイルス付着 | 日経DUAL

おぞましい限りですが、必要以上に神経質になるより、最低限の防衛策を講じましょう!

ってことでマスクです。

感染症の予防にマスクを使う場合は、取替え用に何枚か予備を持ったほうがいいのです。

とは言え、スペアがない場合や、花粉の防除にマスクをかけているときなど、はずしたマスクをもう一度使いたいこともあります。

そんな時の、マスクの折りたたみ方です。

マスクのたたみ方

マスクの内側に触れないように気をつけて下さい。

写真を撮るためにテーブルに置いていますが、実際にたたむ時にはどこにも置かず、手の中だけで折りたたんでください。簡単なので大丈夫です。

1.真ん中で縦に二つ折り

マスクのたたみ方1

 

マスク上辺に入っているワイヤーを真ん中で追って使っていると思います。その折れ目から縦にふたつに折ります。

2.横に4つ折り

マスクのたたみ方2

 

縦に折ったものを真ん中で横に折ります。まず一回

マスクのたたみ方3

 

もう一回。これで4つ折です。

3.耳にかけるゴム部分をマスク本体にくるくるっとまわして縛る

マスクのたたみ方4

 

ゴムで結わえるということです。

こうすると、マスクの内側をものに触れさせずに済み、勝手に開くこともないので安心です。

畳んだマスクは、出来るだけ衛生的な場所に置き、広げて再度使うときにも内側には触れないように注意してください。

繰り返しになりますが、一度はずしたら新しいマスクに交換するのが一番いいです。
ここに書いたのは、そうも行かないときの対応策です。

スポンサーリンク


 - 健康