月と東京タワー

型破りすぎる大統領候補ドナルド・トランプってどんな人?

      2017/09/11

オリンピック・イヤーは大統領選挙イヤー。
今年はアメリカ大統領選の年です。

2期つとめたオバマは今回出馬できないので、民主党からは新たな候補者が立つことになります。これはヒラリー・クリントンが有力との見方が大半なのですが、俄然注目を集めているのが共和党の候補です。

出馬表明直後はネタ扱いだったドナルド・トランプ
ここへ来て、まさかまさかの…?な雰囲気も。

このドナルド・トランプ氏とはどんなヒトなのでしょう。

ドナルド・トランプ

アップダウンの経歴

子供時代

ドイツ系アメリカ人の父とスコットランド系アメリカ人の母の間に生まれたトランプは、ニューヨーク生まれですが、これが実はクィーンズなのです。

ド貧乏だったトランプ家

ドナルドの父、フレッド・トランプ氏が11歳の頃にその父親が肺炎で亡くなります。
それからはフレッド氏が母親と二人の姉妹を養うほかなく、学校に通いながら靴磨きや建築現場の材木運びの臨時雇いで生活費を稼ぐ毎日だったそうです。ハイスクールを卒業後大工の見習いとして働き、クィーンズに自分で家を建てたとのこと。

その頃に起業した「エリザベス・トランプ・アンド・サン」は、家庭用ガレージ事業で大いに成功し、一家は新しい家に移りますが、引っ越した先もクィーンズの ジャマイカ・エステーツでした。ドナルド・トランプは、そこで生まれました。

トランプタワーが出来た後も「父がクィーンズを離れたがらない」という理由から、しばらくその地に留まっていたそうです。

学生時代

父親が運営委員を務める学校に通っていたものの、自己主張の強さからたびたび問題を起こし放校。ミリタリー・アカデミーに入れられてしまいます。

後年、タブロイド発刊や不動産事業でビリオネアとなったピーター・ブラント氏とつるんで年中トラブルを起こしていたようなのです。あまり可愛げのない部類の悪ガキだったみたいです。

たとえば…
(学校ではなく家での話ですが)

家の庭にボールが入っても、ドナルドは投げ返すことはせず、「パパに言いつけてやる」「警察に通報する」と叫んでいたとか。
異次元の小憎らしさ。さすがと言うべきか…

ミリタリースクールで、鬼軍曹と呼ばれる教官に目を付けられる(そりゃそうであろう)などしながら、「アイデンティティを失わずに全体の一部となる方法」を理解したと話すトランプは、ペンシルベニア大学で不動産を学んだのち、同大学院に進みMBAを取得しました。

世界の不動産王に

卒業後、父親の会社であるエリザベス・トランプ・アンド・サンで不動産投資の腕を磨き、80年代のレーガノミクスに乗って、世界の実業界にその名を轟かせるようになります。

世界一ゴージャスなビルと言われた「トランプ・タワー」を建設すると、

 

次はカジノ・リゾートに着手。

ついにはラガーディア空港のシャトル便路線網を買収して航空会社を興します。その名も「トランプ・シャトル」

こうしたネーミングですが、実は当初、トランプタワーを「ティファニータワー」と名づけようとしていたのだそうです。友人に「自分のビルになぜ別のものの名前をつけるのか」と聞かれて「トランプタワー」に変えたと。

トランプの後の言葉に”If your business is not a brand, it is a commodity.”(ブランド力のないビジネスは単なる商品にすぎない)というのがあります。

もしもティファニータワーだったら…
そんな名前じゃつまらない。持って生まれた「トランプ」というキャッチーな姓を活かさないと。

トランプタワーとティファニー本店はこうなっています。(左水色のフラッグのかかっているのがティファニー、右がトランプタワー)
ふたつのビルはくっついた状態です。ティファニー部分の土地はティファニーのもの、その空中権はトランプのものだそうです。

一連のネーミングは、「ドナルド・トランプ」という一大ブランドを築く過程で用いた方策だったのだと思います。

こうしてトランプは世界の不動産王と呼ばれるようになりました。

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」に出てくるビフ・タネンは、当時のトランプに着想を得たものだと製作スタッフが明かしています。
(30年後の世界で、マイケル・J・フォックスの彼女と結婚している金持ちのおっさんです。イヤな奴過ぎてちょっとトランプ気の毒)

挫折

90年代に入り、不動産ブームが収束すると、トランプ王国も翳り始めます。

子会社の経営破たんが続き、一時は自己破産寸前で「世界一貧乏な男」と呼ばれたとか。

貧乏と言うのは資産がゼロに近いことで、世界一と言っても同率首位が大勢いるんじゃ…と、つっこみたくなりますが、負債が9億ドルあったそうです。
なるほどマイナスの世界にめり込んでたのね。

しかしここで終わらないのがドナルド・トランプ。
90年代後半、アメリカの景気回復とともに再来した不動産ブームを見事にものにしたトランプは、不動産王に返り咲きます。

エンターティナーとしてのドナルド・トランプ

2004年には、主演兼プロデューサーとしてリアリティ番組「アプレンティス(The Apprentice)」に参加。

トランプは二枚目ポジションです。トランプの会社の見習いスタッフ(という設定の人物。一般の人だったり有名人だったり。シーズンによって色々です)を集めて、その仕事ぶりを見ます。はじめは大勢の挑戦者がいますが、トランプが冷徹に一人ずつ落としていって、最後まで残ると本当に事業資金が提供されて、トランプ傘下でビジネスプランを遂行出来るという番組です。

TV局から依頼を受けたトランプが「教育的要素のある内容ならやる」との条件を出して実現しました。

低い声で「You’re fired.Go home.」と告げるトランプは、結構かっこいいのですよ。

カードを投げるドナルド・トランプ The Apprentice

Mitchell Haaseth – /NBCUniversal, Inc.

最近は、ジミー・ファロンのトゥナイト・ショーに出て話題になりました。

他、映画のチョイ役なども。

サンドラ・ブロックの「ツー・ウィークス・ノーティス」のパーティのシーンでヒュー・グラントに「君のところの弁護士が優秀ならボクが引き抜くよ」と言っているのがトランプです。

ヒュー・グラントは「やあトランプ」と挨拶しているので、本人役ということだったようです。

他の映画にもたくさん出ているようですが、実際に見た覚えがあるのはこれだけです。

2009年11月のフォーブス誌「アメリカのテレビ界で最も稼いでいる男性」の2位にランクインしています。
(当時の1年間の収入は5,000万ドル)

炎上履歴

人生そのものが断続的に炎上しているトランプ氏ですが、問題発言、暴言などは数限りなく…

有名な発言には

「メキシコからの移民は、麻薬や犯罪をアメリカに持ち込む。奴らは強姦犯」

「全てのイスラム教徒の米国への入国を禁止すべきだ」

「リビアやイラクを見てみるがいい。かつてのイラクにはテロリストなどいなかった。フセインならテロリストを即座に殺害していたから。今やイラクは、テロのハーバード大学だ」

「ヒラリー・クリントンとバラク・オバマが中東を壊した」

「ベトナム戦争で捕虜になったから英雄になれたマケインよりも、捕虜にならなかった奴らのほうが好きだ」

など。

また、2008年の大統領選に際しては、オバマは本当はケニア生まれで大統領の資格はないのではないかとの説を持ち出し、オバマに出生証明書を公開させています。
(この時、トランプの他にもこの国籍陰謀論を声高に叫ぶ人たちがいました)

最近では、同じ共和党の代表候補リンジー・グラハム上院議員の携帯電話の番号を集会で読み上げ、聴衆に「電話をかけてみろ」と呼びかけたりもしています。
(本当の番号だったようです)

いつでも人をけなしているわけでもなく、誉めることもあります。

2012年には

「ヒラリーは素晴らしい女性だよ。数年来の知人だが、彼女も彼女のご主人も大好きだね。課題はあるが、よくやっているよ」

とヒラリー・クリントンを

…あら?

何故トランプが人気なのか

この異端児ドナルド・トランプ候補ですが、共和党の代表争いについての世論調査ではトップの人気なのです。

一体どんな人たちがトランプを支持しているのか…
各マスコミの調査と見解は以下の通りです

BBC

トランプ支持者は、国の将来に悲観的、オバマ嫌いでイスラム教徒に慎重。
年配者、経済的に豊かでなく、教育水準のそれほど高くない人が多い。

CNN

トランプは、有権者の怒りを代弁する存在。

カナダトロントスター

右よりの白人低所得者層が支持している。
彼らは懸命に働けば成功できる「アメリカン・ドリーム」はもう終わったと感じている。格差社会に疲れ、偉大なアメリカを取り戻すというトランプに希望を見出そうとしている。

ワシントン・ポスト

民衆は複雑な問題を簡単に解決できると思わせてくれる人物を求めている。
人はみな「自分と似ていない人」は嫌いなもの。

トランプ支持者は低所得なのか

トランプを支持する人々は裕福ではない傾向があるという分析が目立ちます。これは本当なのか。こんな調査を見つけました。

2016 Presidential Credit Score Survey
2016年大統領選とクレジットスコアに関する調査

WalletHubによる調査です。

各候補の支持者に自身のクレジット・スコアをアンケートした結果です。
アメリカでは自分のクレジット・スコア(クレジットカードの信用度を数値化したもの、レイティングのことです)を知ることが出来るみたいです。

このスコアを、Bad、Fair、Good、Excellentの4段階に分けたものが以下のグラフになります。

トランプ支持者のうちでBadスコアにある人の割合は20%で、これはヒラリーの26%、サンダースの22%に次ぐ第3位、共和党候補の中ではトップです。
(2016年3月に実施された調査です。これ以前に撤退した候補の支持者についてはデータがありません)

また、Excellentスコアを持つ支持者のパーセンテージでは、トランプは49.8%と、ヒラリー、サンダースと僅差ではありますが全候補中最下位になります。

どんな条件で「Bad」「Excellent」とされるのか分かりませんが、豊かさの尺度として妥当な要素だと思います。

トランプ支持者のうち裕福ではない者の占める割合は他候補に比べて高い。共和党内では最も高い

これは事実のようです。

大統領になる可能性は?

大統領になるためには、まず所属政党の統一指名候補に選ばれなければなりません。
たいていこれは予備選挙の段階で誰が選ばれるか分かります。

その予備選は間もなくスタートして、全米各州を回っていきます。

「さすがにトランプ大統領はない」というのが大方のコンセンサスのようですが、共和党一番人気は現在のところトランプであり、一方の民主ヒラリーは国家機密を自宅のサーバーにメールで送信していた疑いにより、起訴される可能性が浮上しているところです。

予備選挙の動向に、世界が注目しています。

トランプ・タワー近影

トランプタワーとマイケルムーア

Michael moore’s Instgram

出馬表明後にマイケル・ムーアがまたやったみたいです。

余談ですが、マイケル・ムーアはバーニー・サンダースを支持すると表明しています。

ドナルド・トランプの政策

各候補の政策一覧はこちらで
大統領候補の政策一覧 中絶TPP銃規制etcにYes/No?ProCon.org

 

※地毛かカツラかは今回探した情報からは確認できませんでした。

本人がここまで主張しているのですから地毛なのでしょう

カツラではない…ですよね。
そうではなくて、かなり後ろから前へとこう…

今更髪がどうでもこの人の魅力は変わらないのに、と思うのですが、ネタにされているからこそわざとあの髪を続けているのかもしれないですね。

トランプがよく人に薦めているという本

スポンサーリンク


 - アメリカ大統領選挙